アイドルの寿命

私には現在追いかけているアイドルがいます。

 

今日はそのアイドルの寿命について書きます。

 

一人でも多くの方に目を通していただけたらと思っています。

 

お時間ありましたらよろしくお願いします。



少年ハリウッドZEN THE HOLLYWOODというつのグループを追いかけています。

今日はZEN THE HOLLYWOOD(ぜんハリ) の事についてのみ書きます。

 

ぜんハリは現在人で構成されているグループです。

メンバーの事をまずは知ってもらうために100%主観による紹介文を書きます。

 

しげ(リーダー) ハリウッドカラ・グリーン

ぜんハリのイケメン担当。

リーダーです。メンバーの事をまとめて引っ張るというより、いい距離感で見守っています。

 

締めるところはしっかり締めれる頼れるリーダー。

一番トークが上手い。お芝居も上手い。歌も上手い。なんでも出来る

 

…と思いきやダンスが苦手。あと実はメリーゴーランドが好きだったりしてすごく可愛い。

ヤンキーっぽい外見なのに、お茶目でいたずらが大好き。

見た目と中身のギャップが一番大きいかもしれない。




トラちゃん(サブリーダー)ハリウッドカラ・イエロー

ぜんハリのショタ担当。小さい。可愛い。

布面積が他のメンバーより少なめ。(冬でも)

 

いつだって元気いっぱい。

表情のバリエーションも、くしゃっとした満面の笑みから、眼力鋭いかっこいい表情まで自在に操る。

 

サブリーダーらしく、メンバーみんなをきちっとまとめて、嫌な仕事も率先してできるような真面目な人。

ダンスもキレッキレです。

 

なのにちょっとバカな所がある。

日本語危うい事が多い。すぐ噛みます。ザリガニが言えなくてザニガニになる。

そしてオタク。アプリに課金してるのをしげさんに「そろそろやめような」とやんわり注意されてた。

ガンダムが好き。

舞台ダイヤのAで春市役をしています。



皇子 ハリウッドカラ・ピンク

ぜんハリの顔面偏差値爆上げ担当。

一目見ればその美しさが忘れられなくなるそんな奇跡のお顔をお持ちです。

 

皇子は皇子なので魔法を使える。

ヒーリングシャワーや、都合のいい感じで記憶を消したりもできる。

 

私生活まで美しく、食べるもの、着るもの、感性そのものも美しい。

料理も得意でなんでも作れてしかも美味しい。皇子自身とても食いしん坊。(なのに細すぎて心配になる)

 

しかしこの美しさは努力をしているから。

皇子は誰より努力家で、繊細で、メンバーの前だとすぐに泣いてしまうそう。

だからこそステージの上で一生懸命に美しく歌って踊る華麗な姿は必見。

 

むやみに私生活を明かさない皇子が、トラちゃんとモンハンしたとかテラフォーマーズ借りて読んだり、

しげさんと二人で飲みに行ったなどとSNSに上げると、オタクは軽率に死を迎える。



ゆーま ハリウッドカラ・レッド

ぜんハリのおもちゃ担当。死ぬまで17歳。

 

メンバー内で一番アイドル。パーフェクトアイドル。

誰よりもアイドルに憧れて憧れて憧れてステージに立っている。

彼を推してるファンは幸せだなぁっていつも思う。

ダンスが一番かっこいい。

手足が長く、身長が高くてスタイルが良く、パフォーマンスが見ていて一番楽しい。

 

メンバーからは「ブス」「魚」「ダチョウ」といじられている。

他にもパンツを脱がされたり、プロレス技かけられたり。

 

しげさん家にあまりにも泊まりに行きすぎて、ステージ上(本番中)に

「お前今日は泊まりにくんな。帰れ」って言われた事もある。(しかし結局泊まりに行ってた)

 

彼自身いじられることを楽しんでる節があるので変態Mとまたさらにいじられる。

変態的な一面も持っており、しかしそれはとてもここに書ける内容ではありません。



よっこ ハリウッドカラ・むらさき

ぜんハリのシニア赤ちゃん担当

最年長メンバーのはずが実のところ赤ちゃんです。

(何を言ってるかわからないと思いますが、しかしほんとにそうなんです。

シニア赤ちゃん以上に的確な表現が見当たらない)

 

じっと立っている事ができない、

止まっていられない、

常に傾いてる、

顔色が悪い、

ド天然すぎて練習スタジオにパジャマで現れたり、鞄を家に忘れてきたり、

そういう漫画みたいなことを素でやってのける。

 

しげの事を推してる。

ネクタイが自分で結べないから、最年少のゆーまくんに結んでもらっている。

最近はステージの上で突然思いついた企画を言い始めてスタッフさんに裏で怒られたりしている。

彼曰くプロデューサーの座を狙っているらしい。

 

ぜんハリに全部を捧げている人。

誰よりもぜんハリが大好きで、誰よりもぜんハリに一生懸命で、

「僕にはぜんハリしかないです」と公言している。私の推しです。




ぜんハリのライブはいつもめちゃくちゃ楽しいです。

 

「そりゃ、ファンなんだから、楽しいって思うの当たり前では

 

と思いますよね。

 

確かにそうかもしれません。

 

けれど、約年間彼らの現場に通いつめて、その明らかな変化っていうのを感じています。

 

たった年。

 

その間にどれだけ成長するんだ?!って言うくらい、彼らはメキメキとその実力を伸ばしてきました。

 

歌も、ダンスも、MCも、纏う空気も。

 

全部が年前とは全く違っています。その成長を年ずっと追いかけられた。ファン冥利につきます。

 

正直、全然流行に沿ってる感じはしません。

 

でもその流行からはちょっとずれてるところが、最大の魅力です。

 

テイストが80年代というか。まさに「王道」アイドル。

 

この今の時代に正々堂々と「王道」で勝負してることろが好きです。







メンバーの靴が脱げたんです。

 

この前のライブで、曲の途中で、トラちゃんの右足の靴が脱げてしまった。

 

ファンもみんな気づいて「あっ」って思いました。

 

そしたらトラちゃん、脱げた靴をぱっと拾い上げて、そのまま満面の笑みで舞台袖に向かってぽいっと投げてから、そのまま踊り続けたんです。

 

あートラちゃんすごいって思いました。

 

そしたらそれを見てたよっこが、何故か自ら右足の靴を脱いで、トラちゃんと同じように舞台袖に放り投げた。

 

えっ何してんの?!

 

そしたらゆーま君としげさんも同じように右足だけ脱いで、同じように舞台袖に投げ、

 

皇子は少し気づくのが遅れて、でも同じように脱いで、ぽいっとステージ後方へ投げました。(皇子、普段は絶対こんな風にのってきたりしないんです)

 

みんな右足だけ靴下で楽しそうに最後まで笑顔で歌って踊りました。

 

楽曲が終わった時、ファンもメンバーも「なんだこれ」とみんなで大爆笑。

 

ハプニングもこんなハッピーなサプライズに変える事ができる。

 

ぜんハリはバカです。

あとなんだか変です。

 

そんなぜんハリの良さがぎゅっと詰まった数分間でした。

 

その時にやっていた楽曲は「青春 HAS COME」

 

https://youtu.be/bhX4S26IUsE

 

「馬鹿にされて笑われても その願いを守れ」

 

かっこ悪くても、無駄なあがきに見えたとしても、それでも懸命に

「僕たちのライブに来てください」

 

と言い続けているのが彼らの現状。

 

ぜんハリとして今後も活動できるかどうか、いまとても瀬戸際にいます。

 

18日に彼らの公演が都内で行われるのですが、席をつでも多く埋めなければ、10日を最後に、もう会えなくなってしまうかもしれないとのこと。

 

彼らの寿命はあと数カ月に迫ってきています。

 

ファンにできることなんて、ほんの僅かな事しかありません。

いま、自分の無力さを痛感しています。

 

手を動かすこと、口を動かすこと、お金を出すこと。

たったこれだけの事しかできない。

 

正直いま、そんな立場に立ってる彼らを見てて辛い。しんどい。

アイドルはいつもファンに幸せになるきっかけを与える存在だから、

アイドルとしては、もう失格なのかもしれない。

 

解散しそうだから、席埋めたいからライブに来てって言いたくありません。

そんなの、もうアイドルとファンって関係が崩壊してる。

本当は「ライブがとにかく楽しいから来て!!」とだけ言いたい。

 

それでも彼らの寿命を延ばすことができる可能性が少しでもあるなら、

 

確立が少しでも上がるのなら、ちょっとでも知ってもらえるきっかけになるのなら。

 

いま、これをどんな方が、どれだけ読んでくださってるか分かりません。

 

わたしはちっとも文章うまくかけなくて。

彼らの良さをきっと、一割も表現できてない。

 

それでも何もしないよりは、と思って自己満足で書いています。

 

実際に彼らのライブ、本当に本当に楽しいんです。

 

ファンだからそう感じるのではなくて、何度か初めての友達と一緒に行きましたが、

ライブが終わったらみんな笑顔で「楽しかった」「キラキラしてた」と、アイドルに負けてないくらいキラキラした目で感想を言ってくれます。

 

それが彼らのファンをしていて、一番誇らしくて、嬉しい瞬間です。




しげさんの可愛い笑顔がこぼれた瞬間も、

 

トラちゃんのころころ変わる表情も、

 

皇子の無茶振りにメンバーが付き合ってるのも、

 

ゆーま君の汗がキラキラと飛び散るのも、

 

よっこさんの姿勢は歪んでるのに、真っ直ぐに刺さる言葉も。

 

どの瞬間も目が離せなくて、最初から最後までずっと楽しいエネルギーに満ちているライブです。





はじめてやった人気投票でメンバー同士真剣に戦ったこと、

舞台稽古で抜けたメンバーの穴を埋めるために色々工夫したこと、

何人かのメンバーがぜんハリを卒業していったこと、

 

枚目のシングルCDが発売になった時、メンバーは目標として、

デイリーランキング位以内を掲げました。

 

私は正直、「無理かもしれない」と思ってました。

相当キツい目標だな、と。

 

結果、デイリーランキング位。

 

発表された瞬間のメンバー、ファンどっちも同じ熱量で喜んで、

それからしげさんが「じゃあウィークリー位以内を目指そう」と言いました。

 

デイリーランキング、翌日にはガタッと順位が落ちてしまって

でも結局、ウィークリー位を獲得。

 

MステやCDTVのランキングに彼らの映像が流れて、

紹介ナレーションも付けて貰えました。

 

越えられなかったハードルもあったけど、

こうやって乗り越えられたことも沢山ありました。




書ききれないくらい、たくさんの奇跡の瞬間に立ち会ってきました。

 

たった年の間にです。

 

だから、これからもまた彼らはどんなことをしてくれるんだろうって、

まだ見ていたいなと、思うわけです。



アイドルのライブに初めて参加するなんて、ハードルものすごく高いと感じるかもしれません。

いくつか上がっている動画をみて「こんな風にペンライト振れないし、コールもできない」

と思われるかもしれません。



でも大丈夫です。



例え一人で参加して、うまくコールができなかったりしても、

周りのファンはステージのアイドルしか見えてません。

 

いっそ地蔵キメててもいいです。ペンライト持ってなくてもいいです。

 

チケットさえ持ってきてくれたら誰でも参加できるのがライブです。

 

気を張らず、変なアイドルいるから見に行ってみようかな、くらいのちょっとした好奇心で大丈夫です。

 

とにかくライブが楽しくて、楽しくて、

 

ライブが終わったあと、明日も生きていけるって思えたり、

いつもよりちょっとだけ自分を大切にしたくなったり、

 

そういう背中を前に押してくれるエネルギーをくれます。



ぜんハリの公演予定のみをピックアップすると、

18日 昼 「とても歌って踊る公演」(90分のライブ)

      夜 「ビューティフルクラブの悲劇」(お芝居+ライブ)

  25日 「ありがとうぜんハリ隊、そしてお星さま・・・」(大阪公演)

10日 「同上タイトル」(神奈川公演)

 

があります。

 

詳しい時間や会場、内容、チケット代、来場特典などは公式サイトをご覧になって下さい。ぜんハリで検索していただけると出てきます。

 

また、youtubeにもたくさん公式動画があります。

 

ライブが丸ごと動画になっていたり https://youtu.be/2C62pwLsv9c

 

楽屋でのメンバーの様子が見れたり https://youtu.be/OETcSOShMZE

 

最年長の様子が心配になったり https://youtu.be/T40Ko7xMDvQ

 

動画見てもよくわからないと思うんですが、そのよく分からなさがぜんハリです。

よかったら生で見に来てその良く分からなさを体感してみてください。





果たしてここまで読んで下さった方はいらっしゃるのでしょうか……

こういう文章書きあげるといつも同じ不安にかられます。

 

もし読んで下さったのならありがとうございます。

 

ぜんハリの事を知ってる方が読んでくださってるかもしれません

(どうか主観で好き勝手言った事をお許しください)

(あとにわか新参のくせにわかったような事いってごめんなさい)

 

もしぜんハリの事をこの文章で知って下さった方、万が一いらしゃったらありがとうございます。

もっと他の方のライブレポとか読んだ方が良いかもしれません。

 

でも、ちょっとでも興味を持って下さったのなら、とても嬉しいです。

 

少年ハリウッドを応援しているフューちゃんの皆さま

ぜんハリは少ハリのライバルです。

 

ですが、少ハリが存在するために、彼らはたくさん動いてくれました。

 

どうか、お力を少しでも貸していただけたらと、

図々しくも思っております。

 

会場でお待ちしておりますので、是非一緒に彼らのライブを楽しみましょう。

 

たくさんの未来のファンの方たちに会える日を、

 

まだぜんハリのライブに来た事がないあなたの事を、

 

メンバーと同じくらい楽しみに待っています。

 

 

公式サイト  http://shonen-hollywood-japan.com/

 

メンバー(横山・皇坂)インタビュー http://ddnavi.com/news/302319/a/

 

本日ベストアルバム発売

タイトル 「NEVER EVER ZERO」

 

お風呂のこと

今回はお風呂のことについて書きたいと思います。

何のことはない、普段のお風呂の入り方です。

 

順番としては、

部屋で何を持って行くか決める

お水を飲む

お風呂につかって体を温める

髪を洗う

体を洗う

洗顔

ボディケア

スキンケア

 

です。なんだかこうして文字にしてみると、段階が多い気がしますね。

あ、そんなことない?

でもそれが書いてみると以外と文字数多くなってしまいました…。

 

続きを読む

はじめました

はじめまして。りさです。

 

今回、ブログを作ろうと思い立って、思い立ったまま書いています。

ブログをするのはもう実に、7年ぶりくらいです。

ここ数年はめっきりツイッターにお世話になっています。

 

しかし、ツイッターの強みである140字が時に弱みになる時もあります。

そして何より、言いたいことが言えなくなってきました。

たくさんの方と仲良くさせていただけるのはとっても楽しいのですが、

いったん誰も知っている人がいない所で、自分の事を書いてみたくなったのです。

 

先日、とある文章を書いた時に、自分の内面をすべて引きずり出してさらけ出したような文章を書きました。Web上で公開するつもりで書いた文章でして、先述したように、ツイッターで言うような、140字の中に納まりきるようなそんな容量ではなかったのです。それはもう真剣に自分の思っていることを洗いざらい長編にしたためたので、つまり私という人間の底が知れてしまうような内容でした。

アップロードボタンを押すのが怖くてたまらなくて、しばらく悩んでしまうほど。

すべてをさらけ出したので、「なにこれ」「間違ってる」「恥ずかしい」と思われたりしたら、もう立ち直れないのでは…と思ってしまいました。

 

しかし、「ええい!こんなの誰も読まない!」と思ってアップロードしたところ、意外な事にたくさんの方に読んでいただいて、多くの(私にとっては本当にたくさんの数!)しかも良い反応をいただけたのです。

有難くて半泣きになりました。そうか、自分を晒した分だけ肯定されたときの嬉しさったら計り知れないものだな、と。

 

なので、これからもちょっとずつ自分の内側にためてある考え、習慣など、いつか忘れてしまった私が「ああ、そうだった」と思い出せるようなことを書いて、文章の練習をしたいと思っています。

 

手書きでもいいのですが、やっぱりタイピングのが綺麗だし早いので・・・。

とおもっていたのに、先ほどからタイピングに画面がついてきてくれません。困りました。)

 

 

どうぞ御贔屓に。